FC2ブログ
2017/11/24

短歌人同人2 その5 2017/11

 風が吹く。
 海に白波が立つ。
 こんな日は、空気が澄んで眺望がよい。
 三浦半島まではっきり見える。
 布団を干し、洗濯を二回。
 隣家の猫がルーフデッキを横切ってゆく。


 六人の作者の歌、七首を。

 百日紅の白があるから耐えられる最高気温練馬区の夏
             平井 節子

 地名の入れ方が面白い。しかし、練馬の夏を知る人だけがこの歌を体感できる。練馬は(地元の人には悪いけれど)夏の間悪い風が吹く。その風が運ぶ暑さは半端ではない。それ以外はいいところ。

 雑巾を掛けつつ下る階段に夏の重さを拭い取りたい
             黒崎 聡美

 思い切って始めると、雑巾がけは気分がよい。日本固有の掃除法。アメリカには無い。作者は拭きながら階段を下る。この際、夏の残滓も全部ふき取る、そんなつもりで下る。

 教えられ動画ABE IS OVERを見て蒸し暑さすぐに吹きとぶ
             若尾美智子

 大阪のシンガーがLove is overの曲に載せて歌った安倍内閣批判の歌。Utube。映像もよく出来ている。ただ、原曲のイメージが強いので、内容如何に関わらず替え歌は簡単ではない。

 金日成(キムイルソン)、金正日(キムジョンイル)、そして金正恩(キムジョンウン) その子金主愛(キムジュエ)四歳となり
             長谷川知哲

 初代からイルは二代へ、ジョンは三代へ受け継がれ、四代の子はエで結末を迎えるのか。不思議な独裁家族。帽子も服も髪型も、彼の国は不思議が多い。

 犬は人に猫は家につくといふ而して人は 掃除機かけむ
             弘井 文子

 謎。人は、郷里かもしれないし、家族かもしれない。つかない選択肢もある。それはそれとして、作者のように掃除機をかけようか。

 お盆なる新潟競馬「カミノコ」や「ラジオタイソウ」出走したり
             松木  秀

 競走馬の名前は、その国の知性を象徴しているのだろうか。それとも究極のユーモアか。馬は、ラジオタイソウと呼ばれて、ガクッと来ないものだろうか。馬主が見たい。

 人類の滅亡を好材料としてAI(人工知能)が株買い占める
             同

 これは真実で、現代のトレーダーはすべてAIに替わっている。すると株の動きを見て、量子的な速さで取引を行う。人では不可能。上の句が鋭い。現代の最先端を詠う歌。

コメント

非公開コメント