FC2ブログ
2018/01/26

短歌人同人1 その3 2018/1 #短歌

 昼になっても氷は解けない。
 さいたま市は、今朝零下9.8度cという。
 エアメールを二通出しに。
 帰ってから、ビニール袋を持ってアガパンサスの処へ。
 庭のあちこちに株分けされている、その親株。
 ガムテープで張り合わせて大きくした袋を、上から被せる。
 周りに土を掛ける。
 霜除けとなればよいが。


 五人の作者の歌、五首を。

 夏よりの減塩食もけふは憂し弱りし腎臓を日ごと意識す
           青輝  翼

 腎臓の様態は、誰でも自分で分かる。張る、痛い、硬い、など分かるし、腰痛も来る。腎結石が一因の時もある。一粒二粒の砂(結石)で水腎症にもなる。排出できるとけろりと治る。

 卒塔婆が倒れないやうステンレス製卒塔婆立てといふものはあり
           大室ゆらぎ

 そもそも卒塔婆とは、傾くものであり、倒れそうになるものである。それを、倒れてはいけないとばかり、小道具が売られる。朽ちるからいいのだ。ステンレスは永久に朽ちない。

 鳩の影を鳩がふみゆく昼下がりあとを追いゆく幼子の影
           木曽 陽子

 ほとんど影だけで歌が出来ている。影絵のようである。音もしない。

 書字としてのこりつづける政宗の若衆道とふ漢(をとこ)のこころ
           洞口 千恵

 普通、衆道という。ゲイである。ただ、平等な愛情で結びついたゲイではなく、権力のある男が若者をほしいままにする。それがこのようにリスペクトされて歌になる。性は深い。

 風門を暖めながら会ひに行くまたも上野に来てゐるゴッホ
           大越  泉

 風邪が入ってくるといわれる経絡のツボ。首の下辺りにある。作者はホッカイロを当てている。まるでゴッホその人に会いに行くように詠われる。ゴッホはしょっちゅう上野に来ている。

コメント

非公開コメント